2020/07/07

山と水を見ながら・・・

ちょっと油断していたら、もう7月になっていた、しかも今日は七夕(笑)。

最近もコロナ禍を冷静に見ています。焦っても仕方ないけれど、人にうつしたくない、うつされるのはもっとイヤ、ということで浮かれて遊び回るということはない。外食もほぼゼロだし、ラブホなんて全然行かない(笑)。週末婚ではなく、ほぼずっとT子と一緒に生活しています!



うちの事務所も、持続化給付金というものを頂戴し、なんかのんびりモードに入っている。そこで、ボロボロの山小屋(水辺小屋?)を再生をしようと思い立つ。とはいえ、5月の連休までは山小屋界隈には他都道府県から来てくれるな、という県知事さんの発言で自粛。6月に入ってから、大工道具を車に積んで週末になると、2人でにわか大工になっている(笑)。

IMG_3774.jpg

最近は、移動がかなり自由になっているものの、それでも地元のスーパーでは白い目で見られることもある。自家用車が一番安全なんだけどね。山小屋に置いてあったクルマのタイヤとか、部品をヤフオクに出したら、いい値段で売れてちょっとニコニコ気分。つい使っていない30年ぐらい前のオーディオ機器も出してみると、想像以上の金額で落札される!たまには断捨離オークションもいいんだけど・・・一番喜んでいるのは彼女だ(笑)。

IMG_3778.jpg

山小屋は近所に家もないこともあって、開放的な裸生活も送れるけれど、不審者や熊とか、怖いこともあるので、あまり派手なことは厳禁。家の中だけで楽しもうと思っている。最近は雨が多く、山も見えないこともあるし、昼間は大工、夜はシェフ(交代制)、深夜は仲良く暮らしています。特に街で仕事がない時は、ずっとここにいることもある。彼女の会社もまだテレワーク。本国がまだまだだけに、当分T子は羽を伸ばしているつもりだろう。こっちだと物価も安いし、野菜も新鮮、お肉もいい店がある。もう街に戻りたくなくなっちゃうね(笑)。

IMG_3789.jpg

しかし、夜の静けさは街とは比べものにならない・・・自然の音だけの世界は彼女を官能的にする。テレビも見ないし、音楽もない場所。風の音、雨の音、動物の鳴き声、鳥の声・・・それからT子の喘ぎ声(笑)。彼女も野生にかえるのかな?でも心の底から、早くCOVID-19が霧散してくれることを願っています!
スポンサーサイト
[PR]