2020/04/14

生存報告

ほったらかしているうちに、世の中は大変なことになってます(汗)。
実際、いまはテレワーク体制にずっぽりです。

IMG_2520.jpg

今年の2月後半、いま大変なことになっている国2つに出張で行っていた。3月はじめにバラハスからの日本直行便がなくなり、EU国内線でシャルル・ド・ゴールに飛び、そこから日本に・・・。
日本に到着して、規制前だったので空港から自分の車に乗って自宅へ直行。強制自主隔離。イタリアやスペインの惨状を目の当たりにて、フランスの徹底した対応を見ていると、とても怖くて人前に出ることはできないという気分。もちろん<僕が人にうつしてしまう>という恐怖だ。あらかじめ連絡しておいたT子に食材や日用品の調達毎日のように買い出ししてもらったり、食事を作って運んでもらい、うちの玄関に置いて帰ってもらうという生活。最初の2週間は、ベランダから拝む日々。しかし、彼女の献身的な行動に助けてもらった。

IMG_2510.jpg
人の消えた広場(普段はうじゃうじゃいるのに・・・

IMG_2827.jpg
シャルル・ド・ゴールも無人・・・

IMG_2820.jpg
羽田も無人・・・

2週間が過ぎたころ、T子の会社も完全なテレワークに。それは今も続いている。
自己隔離を終え、テレワークになった彼女を部屋に招き入れると、とても大変なことになった。僕も我慢していたが、僕よりずっと若いT子もめちゃくちゃ我慢していたのだろう。最初の夜は寝かせてもらえなかった(汗)。

解禁2日目、彼女は大きなスーツケースを持って現れた。「こんな時に出張?」と訊ねると「ちがう、簡易引越」と・・・。スーツケースの中には、着替えや仕事の書類、食材やムニャムニャなものまで、。それが3月の半ば。それ以来、不要不急の外出は控え、外出しても、食材の買い出し程度。地方の農園から野菜を送ってもらうので、買い物は、肉と魚だけだ。(T子にお任せ)

外出はクルマだけにして、行き先は買い物以外は、彼女の部屋(笑)。2つの部屋を時々いったりきたりで、マンネリを回避。というか、もう1ヶ月近く一緒に住んでいる!
仕事時間は、T子はきっちりした格好をして、自分のノートパソコンの前でバリバリの仕事っぷり・・・あまり見ることのない表情に惚れ直す(ノロケ)。僕はウロウロテキトーな仕事なので、彼女がテレビ会議とかやっている時に、背後を通過しなように・・・。でも、T子も上半身はバリっとしているけれど、下半身は裸だったり、パンツ一丁だったりする(笑)。それもなかなか色っぽい!

IMG_2845.jpg

2人で、本当に毎日濃厚接触・・・それ以上の生活を送っているんだけど、食事に行く楽しみがスポイルされているのが辛い。とにかく早く、コロナという邪悪な空気が流れ去ってくれることを心の底から願っている。(早く収束してくれないと、T子に吸い尽くされる!)
スポンサーサイト
[PR]