2019/06/26

馬鹿になっちゃう

久しぶりの更新、全くもってノンビリしすぎな生活です。
相変わらず毎週末は、2〜3日、T子と一緒に過ごしてます。本当にマンネリな年寄りカップルなのです(苦笑)。毎週二人でいる時は、食事が大切。T子が僕の部屋か、彼女の部屋で食事を作ってくれるか、僕が作るか(ほぼないけど:汗)外食をするか、だ。基本的には外食が多くなってしまう。
食事をする店も、毎度おなじみの、行きつけの店ばかり、これまたマンネリではあるけれど、安心だし、落ち着くからそれもよし。

半月ほど前、僕に長い出張があり、T子が出張先に合流できないことがあった。帰りのスケジュールは決まっていたので、彼女は空港まで自分のクルマで迎えにきてくれた。その日は、とんでもない甘えん坊ぶりを発揮して、T子はまるで猫のようになっていた。
その週末、「ねぇ、ホテルいかない?」とT子が甘えた声で囁く。久しく行ってなかったので、夕食後、これまたいつものラブホテルへと向かった。部屋に入るやいなや、T子は僕に抱きついてきた。「ね、いっぱいめちゃくちゃにして」と。風呂にも行かず、そのままベッドに倒れ込み、熱いキスを繰り返す。T子はキスで火がついてしまう。身体をくねらせながら、自分を僕に押しつける。
上半身は裸にして、パンティだけの姿にして、アイマスクだけつけてから、触れる。触れるというか、撫でるというか、指先で、手のひらで、鼻で、唇で、彼女の身体中を撫でていく。それだけで、T子はトロトロだということは百も承知だが、パンティだけは脱がさないでいた。しかしそれだけで、確かに彼女は狂っていた。

しばらくしてから選手交代。彼女が僕の服を脱がし始めた。僕の胸にキスしたり、色々なところに唇を這わせ、それから僕の顔の上に跨がり、69スタイルになって、下着を僕の鼻に押しつけてきた。



下着の中は、もう大洪水になっているのは、鼻でわかった(笑)。T子は、僕の愚息を美味しそうに咥え、甘い声を出している。フェラチオで、上顎に愚息が触れると、頭がジンジンすると以前聞いていたので、冷静に感じていると、舌を遣いながらも、上顎に愚息をしっかり当てているようだ。彼女が「食べるだけでも気持いい」と以前言っていたのは本当だ。

僕の鼻に布越しのヴァギナを押しつけ、愚息を咥えるだけで、T子は軽くイッてしまったようだった。しかし、そこから「お願い、食べたい」と甘く迫ってくる。でもまだ夜は長い。時々いぢわるになってしまう僕は、「食べたいって、今も食べてたじゃない」と。すると「ちがうの、お口じゃなくて、あそこで食べたいの」と・・・。普通だったら、あそこってどこか、ちゃんと言いなさい、なんて台詞が出そうだが、ちょっと違うことを言ってみた。「自分であそこを触れているのを見せてごらん」と。T子は、もじもじしていたけれど、一気に下着を脱がせると、もうビショビショ。観念したらしく、軽く自分のクリとリスとヴァギナに触れ始めた。
僕は最初はただ眺めていたけれど、だんだん指の動きが速度を増してきた頃、愚息をT子の顔に近づけてみた。すると、気配を察した彼女は、喘ぎ声をあげながらも、片手で愚息を掴み、自分の口へと導いた。もう片方の手は、自分自身の中で蠢いているから・・・。

00002.png

僕は寝っ転がって、愚息を咥えられた状態で、T子のオナニーを見ていた。実は、これは初体験。そんな行為を彼女が見せてくれるなんて夢にも思ってはいなかった。彼女は自分の指でガクガクと腰を浮かせて、イッてしまった。目の前でそんな光景が展開されるなんて、とても幸運だった(笑)。T子の右手の爪が短いのは・・・!

汗びっしょりになったT子にキスをしていたら、「この指で触って」と、目隠しされたまま、僕の薬指と中指を掴んだ。それならと、僕の左手は、腕枕をしながら彼女の左胸を触れ、唇で、右胸の乳首を吸い、右手の指定された指は、彼女のヴァギナへ・・・。数回の出し入れで、またイッてしまったT子だったが、「もっとして、もっと奥まで触って、お願い」とおねだり。リクエストに応えると、すぐに「出ちゃう出ちゃう」と言いながら、最初の潮を吹く。T子はうわごとのように「もっと、もっと、もっとして」と・・・ビショビショになった指をそのままにしておくと、彼女は自分から腰を動かして「いく、またいっちゃう」と叫びながら、再び潮を吹きながらイッてしまった。

00003.png

T子は「馬鹿になっちゃう、ばかになっちゃう」と言いながら、なんと連続で5回も潮を吹き、その都度イッてしまっていた。ホテルの人には本当に申し訳ない。。。

それから、グッタリしていたT子だったが、僕の愚息を口に含み、エンドレスのフェラチオ。彼女の心地よさが、アイマスク越しだけど、表情に出ているように思える。喘ぎながらのフェラは、本当にいいものだ。僕もお返しに、胸の先端や、手が届くところを撫でる。しかし本当にT子はフェラチオが好きだ。嬉しくなる。

00005.png
00004.png

フェラの後は、アイマスクを外すと、抱きついてキス。泣きながらキスをする。「気持ちよすぎて、馬鹿になっちゃう」とまたリピート。「もっと気持ちよくなりたいの」と言いながら、僕の上に跨がり、両手を繋いだ状態で前後に腰を振る。たぶん、Gスポットに愚息を当てているのではないか・・・しばらくすると、僕のお腹の上に潮を吹きながらイッてしまう。もう何度目なんだ?!。

0006.png

それから僕の限界も近くなってきたので、正常位でT子に入ると「このまま出して、きて、そのままでいいの」とおねだり・・・。僕より長い脚を、僕の背中に巻き付けて、愚息が奥にいくように脚で抱きついてくる。僕がそろそろいきそうだ、と伝えると「きてきてきて、いっぱいきて」と大声で叫び、僕も久しぶりにT子の中へ精を放った。
動かなくなったT子を見ながら、愚息をヴァギナがら抜き、ティッシュで彼女の股間を拭いてあげると「あぁ〜ん」と言いながら寝返りをうった。今夜は、もうこのまま眠りに落ちるだろうと思っていたが、しばらくしてから、僕の愚息をていねいに舐めはじめた。綺麗に舐め終わったところで、二人揃って夢の世界へと落ちていった。

と、こんな週末を過ごしたのだが、ちょっと逢わないと、そのぶん大変なことになることもわかった(笑)。それはそれで、僕にとっては嬉しいこと。それに、時々は、とんでもなく大きな声で喘ぎたくなるんだとろうな。
年老いたカップル、いや、バカップルは、まだまだ楽しみながら生きていきます(笑)。
スポンサーサイト
[PR]