2019/06/26

馬鹿になっちゃう

久しぶりの更新、全くもってノンビリしすぎな生活です。
相変わらず毎週末は、2〜3日、T子と一緒に過ごしてます。本当にマンネリな年寄りカップルなのです(苦笑)。毎週二人でいる時は、食事が大切。T子が僕の部屋か、彼女の部屋で食事を作ってくれるか、僕が作るか(ほぼないけど:汗)外食をするか、だ。基本的には外食が多くなってしまう。
食事をする店も、毎度おなじみの、行きつけの店ばかり、これまたマンネリではあるけれど、安心だし、落ち着くからそれもよし。

半月ほど前、僕に長い出張があり、T子が出張先に合流できないことがあった。帰りのスケジュールは決まっていたので、彼女は空港まで自分のクルマで迎えにきてくれた。その日は、とんでもない甘えん坊ぶりを発揮して、T子はまるで猫のようになっていた。
その週末、「ねぇ、ホテルいかない?」とT子が甘えた声で囁く。久しく行ってなかったので、夕食後、これまたいつものラブホテルへと向かった。部屋に入るやいなや、T子は僕に抱きついてきた。「ね、いっぱいめちゃくちゃにして」と。風呂にも行かず、そのままベッドに倒れ込み、熱いキスを繰り返す。T子はキスで火がついてしまう。身体をくねらせながら、自分を僕に押しつける。
上半身は裸にして、パンティだけの姿にして、アイマスクだけつけてから、触れる。触れるというか、撫でるというか、指先で、手のひらで、鼻で、唇で、彼女の身体中を撫でていく。それだけで、T子はトロトロだということは百も承知だが、パンティだけは脱がさないでいた。しかしそれだけで、確かに彼女は狂っていた。

しばらくしてから選手交代。彼女が僕の服を脱がし始めた。僕の胸にキスしたり、色々なところに唇を這わせ、それから僕の顔の上に跨がり、69スタイルになって、下着を僕の鼻に押しつけてきた。



下着の中は、もう大洪水になっているのは、鼻でわかった(笑)。T子は、僕の愚息を美味しそうに咥え、甘い声を出している。フェラチオで、上顎に愚息が触れると、頭がジンジンすると以前聞いていたので、冷静に感じていると、舌を遣いながらも、上顎に愚息をしっかり当てているようだ。彼女が「食べるだけでも気持いい」と以前言っていたのは本当だ。

僕の鼻に布越しのヴァギナを押しつけ、愚息を咥えるだけで、T子は軽くイッてしまったようだった。しかし、そこから「お願い、食べたい」と甘く迫ってくる。でもまだ夜は長い。時々いぢわるになってしまう僕は、「食べたいって、今も食べてたじゃない」と。すると「ちがうの、お口じゃなくて、あそこで食べたいの」と・・・。普通だったら、あそこってどこか、ちゃんと言いなさい、なんて台詞が出そうだが、ちょっと違うことを言ってみた。「自分であそこを触れているのを見せてごらん」と。T子は、もじもじしていたけれど、一気に下着を脱がせると、もうビショビショ。観念したらしく、軽く自分のクリとリスとヴァギナに触れ始めた。
僕は最初はただ眺めていたけれど、だんだん指の動きが速度を増してきた頃、愚息をT子の顔に近づけてみた。すると、気配を察した彼女は、喘ぎ声をあげながらも、片手で愚息を掴み、自分の口へと導いた。もう片方の手は、自分自身の中で蠢いているから・・・。

00002.png

僕は寝っ転がって、愚息を咥えられた状態で、T子のオナニーを見ていた。実は、これは初体験。そんな行為を彼女が見せてくれるなんて夢にも思ってはいなかった。彼女は自分の指でガクガクと腰を浮かせて、イッてしまった。目の前でそんな光景が展開されるなんて、とても幸運だった(笑)。T子の右手の爪が短いのは・・・!

汗びっしょりになったT子にキスをしていたら、「この指で触って」と、目隠しされたまま、僕の薬指と中指を掴んだ。それならと、僕の左手は、腕枕をしながら彼女の左胸を触れ、唇で、右胸の乳首を吸い、右手の指定された指は、彼女のヴァギナへ・・・。数回の出し入れで、またイッてしまったT子だったが、「もっとして、もっと奥まで触って、お願い」とおねだり。リクエストに応えると、すぐに「出ちゃう出ちゃう」と言いながら、最初の潮を吹く。T子はうわごとのように「もっと、もっと、もっとして」と・・・ビショビショになった指をそのままにしておくと、彼女は自分から腰を動かして「いく、またいっちゃう」と叫びながら、再び潮を吹きながらイッてしまった。

00003.png

T子は「馬鹿になっちゃう、ばかになっちゃう」と言いながら、なんと連続で5回も潮を吹き、その都度イッてしまっていた。ホテルの人には本当に申し訳ない。。。

それから、グッタリしていたT子だったが、僕の愚息を口に含み、エンドレスのフェラチオ。彼女の心地よさが、アイマスク越しだけど、表情に出ているように思える。喘ぎながらのフェラは、本当にいいものだ。僕もお返しに、胸の先端や、手が届くところを撫でる。しかし本当にT子はフェラチオが好きだ。嬉しくなる。

00005.png
00004.png

フェラの後は、アイマスクを外すと、抱きついてキス。泣きながらキスをする。「気持ちよすぎて、馬鹿になっちゃう」とまたリピート。「もっと気持ちよくなりたいの」と言いながら、僕の上に跨がり、両手を繋いだ状態で前後に腰を振る。たぶん、Gスポットに愚息を当てているのではないか・・・しばらくすると、僕のお腹の上に潮を吹きながらイッてしまう。もう何度目なんだ?!。

0006.png

それから僕の限界も近くなってきたので、正常位でT子に入ると「このまま出して、きて、そのままでいいの」とおねだり・・・。僕より長い脚を、僕の背中に巻き付けて、愚息が奥にいくように脚で抱きついてくる。僕がそろそろいきそうだ、と伝えると「きてきてきて、いっぱいきて」と大声で叫び、僕も久しぶりにT子の中へ精を放った。
動かなくなったT子を見ながら、愚息をヴァギナがら抜き、ティッシュで彼女の股間を拭いてあげると「あぁ〜ん」と言いながら寝返りをうった。今夜は、もうこのまま眠りに落ちるだろうと思っていたが、しばらくしてから、僕の愚息をていねいに舐めはじめた。綺麗に舐め終わったところで、二人揃って夢の世界へと落ちていった。

と、こんな週末を過ごしたのだが、ちょっと逢わないと、そのぶん大変なことになることもわかった(笑)。それはそれで、僕にとっては嬉しいこと。それに、時々は、とんでもなく大きな声で喘ぎたくなるんだとろうな。
年老いたカップル、いや、バカップルは、まだまだ楽しみながら生きていきます(笑)。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019/05/09

またしても不思議なもの・・・

この大型連休、皆さんはいかにお過ごしでしたか?
当方は、ずっとT子と二人で、毎日のように食べ歩きをして、揃って太ってしまいました(汗)。とはいえども、脂肪ののった女性は大好物なのですが(笑)。

僕の部屋、秘密部屋、T子の部屋、10日間の中で、旅行気分で色々場所を変えておりました。
T子の部屋には、2日間ほど滞在しましたが、今回は、その時に不思議なものを発見してしまったご報告です。

それが、下のプラスチック製の・・・
大きさの対比のために、そこにあった彼女の下着を置いてみました。



これは、肩こり解消のためのマッサージツールだとは思うのですが、T子は肩こりがひどいとは僕に言いません。以前発見したDADANという電動マッサージャーも・・・謎なものでしたが(苦笑)

よくよく見ると、取っ手は滑り止めのために、イボイボ(汗)。先端は、ちょうど肩を押すために具合のいい曲がりかた(汗)。ほんとか?・・・・

IMG_0751.jpg
IMG_0750.jpg

なんか、違うことに使用できるような・・・妄想をふくらましてしまいます。
イボイボにゴムを付ければ・・・先端はGスポットに当てやすそう・・・
まだ、T子には意地悪な質問をしてはいませんが、質問する前に、使ってしまうというのもいいか!

しかし、毎週金曜から月曜の朝まで一緒にベタベタして、連休はずっと一緒・・・
セルフでおこなうことって、あるのかな? これもT子の不思議ですね(笑)
2019/03/28

声のない悶え

T子のお気に入りでもある、秘密の部屋。そこはワンルームマンションで、両サイドには若い男性が住んでいる。しかし、そこで求め合うことがT子は好きだ。

t03272.jpg

この前、二人の行為が何故かiPhoneのボイスメモに・・・! これは彼女のイタズラ?!
聴いてみると、T子がフェラをしているあたりからのもの・・・彼女はフェラチオをしている時、僕の太ももに、乳首を擦り付けて、自分で身悶えている。乳首を愚息に擦り付けるのも好きだ。巨乳ではないので、所謂パイズリ(乳房で愚息を挟み込む)などは出来ないのだが、それに近いことは好んでやってくれる。

音声は、そのあたりから、フェラをやめ、僕に跨がり腰を動かして、潮を吹きながら昇りつめ、その後にまたフェラをしてくれるという、マンネリな一連の流れをアップしてみます。
余りに長かったので、かなり音声をはしょって編集してます(笑)。

下のボタンをクリックすると、音声が流れてしまいますので、
ヘッドホンで聴くなど、取扱い注意でお聴きください!






2019/03/22

風呂の日々

旅行が大好きなT子と僕だが、最近は古い街にばかり行っていたので、ちょっとリフレッシュして温泉へいってきた。木曜の夜から彼女は僕の部屋に荷物を持って・・・ちょっと早いんじゃない?って・・・で、金曜は出社して、また僕の部屋へ帰ってきた。それから旅行へ持っていくものを近所のスーパーへ買い出しに。ここからもう旅は始まっていたようだ。

土曜日は寝坊して(金曜の夜もお約束通りのバカップル炸裂)、クルマに乗って目的地方向へ。途中、鰻を食べる。いつもお邪魔する店は、いつも安心して美味い!

宿に到着して、部屋に入ると、目の前に大きな素敵な景色があった。
T子は、景色を眺めながらすぐに部屋の風呂に飛び込む。その光景を眺めていたら「はやくきてよー」とお誘いが(笑)。それからまったり温泉につかり、気分良く夕方まで。。。

IMG_0425.jpg



風呂の中は、イチャイチャモードで風呂の縁に座っていた僕の愚息を一人前にして?、それからお尻を僕に向けてくる。バックからの挿入リクエスト。大きな声を出すことも出来ないので、部屋に戻って、ベッドでT子に触れ続ける。胸の横、背中、首筋、つま先、直接的な部分ではないところをワサワサと触れているだけで、彼女の理性は飛んでしまうようだ。実際、キスをしているだけで大洪水になってしまう感じやすさだし・・・
部屋から持ってきた赤いロープと、疑似3Pの黒いコックをベッドの上に出すと、それを見て身もだえするT子がかわいい。簡単に胸を縛ると、それだけで喘ぎ声をあげ、夢中になって愚息を咥え、どんどん高ぶっていく。

IMG_0441.jpg

IMG_0439.jpg

T子を横にして、胸に触れていると、それでけで頂点に達してしまう。歳を重ねるごとに、より敏感になっていく彼女ではあるが、僕にとっては最高に嬉しい瞬間でもある。クリトリスに触れていると「お願い、奥も触って、奥もして」と、うわごとのように懇願するので、バスタオルをベッドに敷いて、T子のヴァギナに二本の指を差し入れる。
「馬鹿になっちゃう、もう馬鹿になっちゃう、ダメ、ダメ、出ちゃう」と叫びながら、潮を吹きながら頂点へ。そのまま指を入れて動かさずにいると、T子が自分で腰を動かしはじめ、「やだやだ、またいっちゃう」と叫び、連続での潮吹きと絶頂へと上り詰める。

IMG_0435.jpg

IMG_0436.jpg

自分ばかり昇り詰めた後ろめたさか、それからは、フェラチオのお返し。69スタイルになり、疑似3P的な官能的な動きを目の前で見せてくれ、それでまたいってしまう。。。最後はゴムを愚息に装着してから、僕の上に乗って大きく腰を振り、僕の絶頂と同時に、潮を吹きながら意識不明に・・・。しかし、本能的に?ほぼ無意識でも、僕の愚息からゴムをとり、再び咥えて、綺麗にすべてを吸い取ってくれる。これは嬉しい限りだ。

一戦を終え、少しまどろんでから、また風呂に入り、着替えて夕食へ。
結局二日間の逗留で、何回お風呂に入り、何回身体を交わらせたのだろうか・・・前も、後ろも、口も・・・(汗)。
で、今週は何事もないような顔をして仕事に集中し、また金曜日がやってきた。T子はいま僕の部屋の風呂に入っている(苦笑)

IMG_0444.jpg

2019/03/11

SEXPAD

またまた大変ブログご無沙汰状況でした・・・。
いつも同じようなことばかり書いていたら、いい歳こいてワンパタンだな、と思ってしまい、つい書き込みが出来なくなってしまったのです(嘘です。ちょっと面白いことに夢中になっていたからです:笑)

相変わらずのT子との生活。最近は週に1度ではなく、週の半分以上は一緒にいることが多くなっています。独身同士の恋愛関係ですが、プライベートの友人たちにも、パートナーとして認知されているので、ま、事実婚ということですね。

年に数回の旅行も欠かさず、週に数回の外食も相変わらず。とてもエンゲル係数は高くなってしまうのですが、やはり食とSEXはリンクしているので、いい夜のためには、美味しい食事が一番です(笑)。

最近夢中になって遊んでいたこと、それは古民家のリノベーション。歴史のある街に、大学時代の友人が家を買い、そこを面白い空間とするために、去年の9月ぐらいから、毎週土日に通っていたのです。友人夫婦とその子ども(社会人)と、僕とT子。それぞれの役割分担をしながら、コツコツと手作り。難しい部分は、友人の棟梁に頼み、最大限自分達だけでの手作り家屋。
ということで、毎週末はホテル住まい。夜は古い街の、地元の店を巡って・・・これまたエンゲル係数が髙い生活に(汗)。

20190218.jpg
  (この写真はリノベーションしてる家ではありません)

今週は、久しぶりに地元に戻って過ごしていた。土曜は自宅でT子が食事を作ってくれたけれど、日曜(昨夜)は繁華街に肉を食べに出かけた。肉食なロートルバカップルだから。肉を食べ、美味しい酒を飲むと、T子は本当に肉食に変身する(笑)。

IMG_0405.jpeg
IMG_0406.jpeg

自宅に戻ってから、僕の淹れた珈琲を飲みながらチョコを食べる。彼女はチョコが好きで、ヴァレンタインの時も、僕のためではなく、自分のためにチョコを大量に買う。その時期は、色々なところでチョコが売られているから、試食をして買うを繰り返し、うちの冷蔵庫にはチョコがいっぱい(苦笑)。ただ、チョコを食べると、トロンとしてくるのが不思議なところだ。僕の上に乗ってチョコを食べ、その口でキスをする・・・。

IMxG_9834.jpeg
IxMG_0408.jpeg

ヴァレンタインの御礼は、もう渡している。それはT子からのリクエストで<SIXPAD>。ソファの上で、下着姿になり、お腹にSIXPADを貼り、スイッチを入れる。10回ぐらいのクリックで、かなりの時間マシンは動き続けるのだが、昨夜は、そのままキスをして、ブラを外して胸にもキスをしていたら、想像以上に感じてしまったらしく、下着に手を入れると、ヴァギナはもう大洪水。微かにクリに触れただけで、あっという間にイッてしまった。「おねがい、きて」といわれたので、愚息をT子のヴァギナに挿入すると、SIXPADの振動に合わせて、あそこがビクンビクンと収縮する。すごい感覚。これにはまいった。昨日は、中でOKのお許しが出ていたので、一緒に頂上へと登ることができた。本当に癖になってしまいそう。SIXPADではなく、これはSEXPADだ!

IMxG_0410.jpeg

それから、自分のヴァギナから滑り出た僕の愚息を丁寧に舐めあげてくれる、いつもの儀式。それをずっと続けて、復活させるのが、T子の楽しみのようだ。それから一緒に風呂に入り、ベッドへ。こんどは69スタイルで、僕の顔に秘密の泉を押しつけてくる。もちろん素敵な舌づかいと吸いこみで、僕の愚息を刺激し、僕も彼女の泉を同じように愛でる。

20190310-1.jpg

T子はガクガクと何度かの頂点に達し、それから僕の愚息を自分のヴァギナに自分でいれる。昨日は背面騎乗位。お尻を僕の方に向け、大きくグラインド。自分で動くことで、いい場所に愚息を当て、そのまま大きな頂点に達し、潮を吹きながら後ろへと倒れ込む。「ごめんね、がまんできなかったの」と誤りながら、僕の愚息を口に含み、一心不乱にフェラの奉仕。僕が達することを伝えても、口をはなさず、一滴残らず飲み込んでから、眠りへとおちた。

来週は、古い街ではなく、温泉に行く予定にしている。T子は「温泉には縄を持っていこうね」と、緊縛のリクエスト。ちょっと嬉しい週のはじめです(笑)。