2020/02/05

目隠し拘束体験

とてつもない寒さは、今シーズンはなかなかない。
都会に住んでいるものの、クルマにはスタッドレスタイヤは履いている。しかしまったく出番はなく、天気の悪い時にT子と富士五湖へ行った時ぐらいしか活躍の場はなかった・・・。僕のクルマ用に、新しいホイールと夏タイヤを購入したものの、やっぱり二の足を踏んでしまい、たぶん3月末ぐらいまではスタッドレスのままだ(苦笑)。

最近は落ち着いた日々を過ごしているが、することはちゃんとしている(笑)。
週末は必ず一緒にいるのだが、平日でも食事にはよく行く。最近ふと気づいたんだけど、僕らがよく行く店は、ほとんどカウンターで食べている。もちろんテーブル席もある場所でも、カウンターに座り、シェフや大将と話をしながら、というのが多いからだ。フレンチで、カウンターのない店が一軒あったか・・・。
この前、そのフレンチに行った後、面白いことがあった。



ちょっとワインを飲み過ぎたT子だったけれど、それはどこでも一緒で、お酒を飲めば飲むほどに、後で淫らになるのが嬉しいところでもある。その夜も、ワインを片手に、足を絡めたりしながら、ベッドを想像させるような行動?をしていた。

僕の部屋に戻ると、玄関にのドアを締めるとすぐにキスの嵐。そこからベッドルームへ服を脱ぎながら歩いていき、ベッドにたどり着いた時には、ランジェリーのみという嬉しい姿(笑)。バスタイムは後回しにして、僕の服を脱がして愚息にフェラチオ。それから自分の下着も脱ぎ捨てて、僕の上に跨がり大きな声を上げ、一気に絶頂まで昇り詰めてしまった。「ほしかったの」と・・・。
それから僕の愚息を再び咥え、僕がイクまで丁寧なフェラを続ける。乳首を僕の足にこすりつけ、気持ちよさそうな声を出していた。僕が我慢できなくなり「いっちゃうよ」と伝えると、咥えたままで頷いたので、遠慮なくそのままT子の口内へ精を放出した。それから一緒にバスタイム。

IMG_5274.jpg

バスルームから出て、ローブを羽織ったT子は、冷蔵庫から発泡水(フェラレッレ! エロい名前だ!)を取り出して、美味しそうに飲み干した。それからベッドに戻ってくると、突然バスローブの紐で、僕の両手を縛った!イタズラな笑いを浮かべ、サイドテーブルから目隠しを取り出して、僕の視界を奪った。「一度ね、やってみたかったの」と・・・!

それから、僕の胸を舐め、身体中を舐め、まるで僕がいつもやっているような愛撫をしてくる。何もせずに夢見心地(笑)。目隠しをされていると、感覚が尖ってしまうこともしっかりわかった!散々愛撫され、フェラチオをされ、顔にヴァギナを押しつけられ、顔中がベチャベチャになるまで、T子の暴走は続いた。

kiss076.png

それからT子は僕の両手を縛っていた柔らかい紐をほどいた。「ねぇ、目隠しとって・・・」と言うので目隠しをとると、T子は四つんばいになっていた。「おねがいちょうだい」と言いながら背中を弓のようにしならせて、お尻を僕の方へと向けてくる。「どっちがいいの?」と意地悪な質問をすると「襲って、前で襲って中にちょうだい」と。そう、この場でゴムを着けていたらしらけてしまうし、許可がおりているなら、遠慮なく!

一度爆発している愚息だったが、目隠し愛撫のお陰で、一気に頂点方向へ・・・その時には、T子は狂ったように「もうだめ、もうだめ、ちょうだいちょうだい」と。彼女はシーツに潮をまき散らしながら、僕と同時に絶頂を迎え、そのまま崩れ落ちた。うつ伏せになったT子から身体を離すと、薄れた意識の中、いつものように、愚息を咥え、きれいに吸い取ってくれた。そのまま朝まで抱き合って眠りに落ちた。なんとも幸せな夜、
スポンサーサイト
[PR]

2020/01/15

熊力?!

熊を食す
新年もだいぶ時が過ぎ、正月気分も完全になくなり仕事モード。
とはいえ、3連休なんかがあったので、またまたT子と一緒にいる時間が長くなっている。今日は自宅に戻っていったけど、最近は・・・週末婚というより、毎日のように結婚初夜(苦笑)

土曜日に、ちょっとしたジビエ料理を食べてきた。それも熊!しかしビックリするほど美味しかった。脂身が最高で、身体はポカポカ。帰り道、クルマを運転する僕の股間にT子の手が・・・熊で欲情してしまったのか?!

IMG_3356.jpg

裸族は反作用?
彼女は、普段隙のない格好をしていることが多い。実際この日もそうだった。下着も、上下がいつも揃い。決して隙を見せない。それで、「いつもキッチリした下着を着けていいるけど、もっとラフなアンダーウェアを着たくなることってないの?」と聞くと、「だって、帰ったらいつも裸だから」という返答。確かに、僕の部屋でも、一度脱いだら、翌朝までは確実に裸だし・・・(笑)。ブレスケアもしっかりしている。特にジビエなどの料理を食した後は、キッチリだ。そのあたりも隙がない。。。ま、隙のなさと、とんでもない淫らさ・・・それがT子だから。

IMG_3360.jpg

ケモノ同士
熊の効果は、僕にも及んでいたようだった。普段より野獣的な行動に(嘘)というか、愚息の元気度合いが大きかった。これにはT子も納得。しっかり検証して、手で弄び、口で味わい尽くし、目の前で四つん這いになって僕を挑発してくれる。まだバスルームに行く前から、二人でケモノ(笑)。思わず下着を剥ぎ取り、背後からヌルヌルになっていた彼女のヴァギナへ愚息を滑り込ませると、T子は自分が気持ちよくなる場所に愚息を当てるために、腰を振る。その様子はとてもエロティックだ。だんだん声が大きくなり、本当のケモノのような叫びを上げ、T子は頂点に達してしまう。

IMG_3358.png

本能を見せる
お酒の効果もあったのかも知れないが、T子はとても淫らに乱れていた。
普段の顔と、ベッドの上、もしくは二人だけの時の顔は、あまりにも大きなギャップがあって、それがより淫らさを際立たせてくれるし、それが魅力(惚気)。熊のせい?で、僕はまだ元気なまま・・・しかしT子はほとんど意識不明で眠りに落ちていたが、ゆっくりと動きだし、無意識に僕の愚息を指先で確かめると、こんどはおもむろに僕に跨がり、騎乗位で愚息をヴァギナへと導いてくれた。大きく腰を振りながら僕の胸に爪をたて、大声を上げ、僕のお腹を潮でビショビショに濡らしながら再び頂点へ、「ね、今日はちょうだい、中でいいの」と許可がおり「きて、きて、もうきて、お願い」の声で、僕もT子の中に精を放った。久しぶりの感覚だった。

IMG_3366.png

飲んでもらう快感
それからバスにも行かずに、二人で翌朝まで抱き合ってねむってしまった。
明るい日差しで目覚めると、T子はコーヒーを淹れてベッドに運んできてくれた。「熊、すごかったね・・・また食べに行こうよ」と言いながら、コーヒーを飲まずに、風呂にも入っていない僕の愚息を舐め始め、起き抜けフェラ。しかし起き抜けなので「お●っこがしたいよ」と言うと「喉が渇いたから出していいよ」と、久しぶりの言葉・・・。一気に出さないように気をつけて、少しずつ放出。その間もフェラチオ状態なので、頭が痺れるような気持ちよさを感じながらゆっくり放出を続ける。なんとも嬉しい時間となった。出切ってしまったことを伝えると、「美味しかった」と笑うが、キスしようとするので、ちょっと・・・(汗)。それから大きくなった愚息が爆発するまで、T子のフェラチオは続き、結局日曜日はどこにも行かずに、バスルームとベッドの往復で過ぎていった(笑)。
2020/01/06

T子の隠し事

9月以降、まったくご無沙汰置で、ここに何も書き込まずにいた(汗)。
書くことといっても、日常の他愛のないことばかりなので、このブログを見ていただく方々にとって、もうマンネリと言われそうな・・・という言い訳(笑)。10月から年明けまで、T子と2人で色々な場所に旅行へ行ってきた。出張のときは、仕事が終了してから休暇をとり、出張先で待ち合わせをするとか、とにかく旅と食、、、それから裸な生活を送っていた。

師走に入り、色々な仕事が年末進行になった頃、彼女の部屋で見慣れぬ。。。というか、驚くような小物を発見してしまった。というか、T子がしまい忘れていたものだ。



別に、便秘でもなく、いたって普通な彼女だけど、何故?!
「こんなもの、つかってるんだ」と聞くと、顔を赤らめて「知らない・・・時々おなかをキレイにしてるんだから」という返答・・・ということは・・・(笑)。そういえば「うしろに頂戴」という時は、たいていT子は自宅からデートに来る時だ。そうか・・・。

箱を見ると、かなり強力なものらしい・・・。
「こんど手伝ってあげようか?」と言うと、「いじわる・・・」と口ごもる。
ひとつ、そっとポケットに忍ばせ、僕の部屋に戻った。
何食わぬ顔をして、いつものように、ソファでお酒を飲んでいたら、彼女もその気になってきた。あまり酒を飲まない僕に、口移しで酒を飲ませるのがT子は好きだ。そうしているうちに、いい気分になっていく。T子の下着が大洪水状態になった頃に、彼女にイチジクを見せてみた。

「なぁに・・・ばか」と酔った顔に一層の赤味がさした。「今日はまだしてないんでしょ?」と言うと「・・・・・・」「じゃ、僕がしてあげようか」というと「・・・・・」無言で回答?してくれる。

IMG_E2155.jpg


下着を脱がして、裸になったT子を眺めると、いつもより恥じらいが大きいように感じられた。それからまたいっぱいキスをして、彼女は僕の愚息をていねいに舐めてくれる。それがなによりの回答だ。
T子のお尻は、いつもよりビショビショになっている。恥ずかしさがそうさせるのか、彼女のM性か・・・でも僕自身は汚い系の趣味はないし、それはT子も知っている。愚息を一生懸命に咥えているT子を横に向け、イチジクのビニールを破ると、彼女は甘いため息をついた。愚息にフェラをしている状態のまま、T子のアナルに、イチジクの先をあてがってみたが、少し滑りが悪い。それなら、と、いつものように指を彼女のヴァギナに入れてゆっくり動かしていくと、愚息を咥えたまま、潮を吹きながらイッてしまった。その潮をていねいにアナルへ塗り込み、イチジク先端をあてると、するりと入っていった。

う〜んと唸りながら、容器の中の液は、すべてお腹の中へと流れ込んでいった。1回では全部入らず、アナルから1度イチジクを出し、もう一度アナルへ・・・その行為は、より羞恥心に火をつけるようだ。最後の液と残った空気をアナルに入れ、空になったイチジクを抜くと、すぐにもじもじし始めたが「しっかり舐めてね」と言うと、必死になって顔を上下させ、愚息を刺激し続けてくれる。その仕草がとっても可愛く思えた。

5分かそこらで、T子は限界にきたようだった。それ以上無理にいじめることもせず、自由にトイレへ・・・
トイレから出てきたT子は、恥じらいと色気の混じり合った眼差しで、僕をバスルームへと誘ってくれた。お湯のはってあった浴槽に浸かって抱き合っていると、「ちょっと待ってて」と言って、トイレへ向かう。イチジクってかなり強力なんだ・・・。それからバスルームに戻っててきた彼女をしっかり抱きしめて、洗ってあげた。もちろん、アナルの内側まで。。。

バスからベッドに移り、再びオーラルモード。僕もT子のヴァギナを舐め、彼女も僕の愚息を咥える。ゆっくり楽しんでから、正常位で彼女の中へ。T子は「襲って」と言うものの、わざとアナルではなく、ヴァギナへ愚息を埋める。ゆっくり動いていると、T子は何度目かの頂点に達してしまったが、うわごとのように「ちょうだい。。ちょうだい。。」と。T子の好きなドットのいっぱいついたゴムを愚息に装着して、久しぶりにT子のアナルに愚息を滑り込むと、大きな声で叫ぶ(汗)。そっと動かしていると「もっとちょうだい、もっとちょうだい」と、言葉にならないような叫び声をあげる。僕もそろそろ限界が近かったので、激しく動くと、T子は大きな叫び声をあげて、一気に頂点へ。そのままガクガクと痙攣しながら、僕の背中に思いっきり爪をたてた。
それから、いつものように朦朧とした意識の中で、T子は僕のゴムを外し、僕が発射した痕跡をすべて吸い取ってから眠りに落ちていった。

IMG_E2156*

この日以来、T子がその気(アナルな気分)な時は、甘えた声で「てつだって・・・」と囁く。そう、それでうちにもイチジクの箱が常備されることになった(笑)しかし、秘密部屋にはない。だって、バストイレがユニットだから(苦笑)。そこまでT子も開き直れないようだ。

ま、アホなカップルは、今年も仲良く歩いていこうと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。
2019/09/26

初体験の相手

IMG_0413.jpg


この前、古本屋で懐かしい本と再会した。
本当の初体験の相手とでもいうべき本だった。もちろん購入して自宅に連れ帰った。

僕は、小学校の頃から空想科学小説(SF)が大好きで、学校の図書館にある、ジュール・ヴェルヌやHGウェルズの小説はすべて読破し、地域の図書館に遠征して星新一や小松左京などを読む、生意気な小僧だった。

中学に入った頃、街の図書館で、「マツダの挑戦」と「エスパイ」という2冊を借りてきた。マツダの挑戦は、ロータリーエンジンを完成させたエンジニアの話、面白い内容で一気に読んでしまった。エスパイは、エスパー(超能力者)のスパイという話だということは知っていた。当時「0011ナポレオン・ソロ」というアメリカのテレビドラマを夢中になって見ていた小僧としては、スパイという響きに惹かれて借りたものの、返却期日ギリギリまで読んでいなかった。
翌日帰さなければならないタイミングで、ベッドに横になってエスパイを読み始めた。それで・・・内容はエロスの宝庫であり、SM的な要素もありの当時の僕が知らない世界だった(笑)。

夢中になって読み進むうちに、仰向けからうつ伏せになり・・・それまでに経験したことのないような気分になってきてしまった(苦笑)。そして、あれ、漏らしちゃう・・・とトイレに走ると、愚息(当時はこびとのような:笑)の先からほとばしったのは、おし●こではなく、白い液体だったのだ。そう、はじめての精通がトイレ(汗)。

しかし、とんでもなく気持よく、一体なんだったんだか・・・とにかく初体験。相手は図書館から借りてきた本だった(笑)。

今読んでみても、当時を想い出しながら愚息が初体験の相手に反応するのが面白い(笑)。

SFが好きなガキは、その後SFマガジンを買おうとして、間違えてSMマガジンを買ってしまい・・・それから半世紀たって、いま、ここにいる訳だ!
2019/09/20

お腹空いた・・・

はっと気がついたら、もう9月もお彼岸前の・・・あはは、時の流れは速い!
この夏から秋にかけて、T子と二人で色々なところに行ってきた。
旅行だけで、2週間ぐらいか・・・休日は休日で、いろんな場所に。
とにかく、仲良くマンネリだけど、しっかり抱き合いながら生きております。

IMG_1511.jpg

今日は金曜日、もうそろそろT子がやってくる。
今夜はイタリアか日本か、という食事の悩み。先週は赤貝だったし(笑)

T子は、僕と食べてばかりいるので、徐々にふくよかになってきた。その感覚が僕にとっては心地よい。縄をかけると、肌へ食い込み方が、絶妙にいいのだ。彼女自身は「太った、やだ!」とはいうものの、食べるときはしっかり食べる。僕より全然若いこともあるが、かなりの食欲。この食欲は大切だ。美味しいものを食べることと正比例して、T子は淫らになるからだ(笑)。

IMG_1515.jpg

ベッドで愛撫しながら添い寝をしている時、T子の右手は、僕の愚息をしっかりマッサージしてくれる。愛撫だけで昇り詰めそうになると、「ねえ、食べたい・・・お腹空いた・・・食べたい」と言いながら、フェラチオへと移っていく。嬉しいことだ。本当に愛おしく思う瞬間だ。

あ、着信、そろそろ来る!では皆さま、楽しい三連休を!

IMG_1548.jpg