2021/02/11

バブルの残り香 その1.

ご近所のご婦人がひょっとして僕が知っている人ではないかと思い始めたら、別に何もやましいことはないのに、近所のショッピングセンターに買い出しに行くときに、妙にドキドキしてしまう(このあたりは買い物をする場所も限られているので・・・汗)

彼女<K美>はバブル時代後半に仕事を通じて知り合った。元々は同じ企画をやっていた男<F>がK美にゾッコンで僕はほんのお付き合い程度での接し方だった。芝浦や六本木に遊びに行くときに何故か僕も誘われる。まあFとは仲も良かったので気楽に付き合っていた。Fにすれば僕には奥さんがいて自分は独身だから、毎回「Oさんには奥さんいるしね」とかK美へ刷り込み、自分を選べというアプローチ(笑)K美自身はあまり気にしていないようだったけど。

Bodexicon.png

彼女はいつでもJUNKO SHIMADAみたいなボディコンスーツをキッチリ着こなしていて、スタイルがいいことは一目瞭然。ただ、香水がキツイのが嫌だった。当時僕は酒をそれほど飲まなかったので、仕事も遊びもクルマで行っていた。Fにとってはもっけの幸い、僕は運転手も兼ねるからだ(苦笑)K美をクルマに乗せると残り香が次の日も車内に漂い、奥さんを乗せることもできない状況になってしまう。ある日Fに「あんなクサいのはもう乗せない!」と宣言して、それっきり彼らの遊びに付き合うことをやめた。

しかし、遊びエリアはだいたい重複していたようで、芝浦のクラブで遊んでからクルマに戻ると、ワイパーに「電話くれないかな K美」というメモがはさまっていた。当時はあまり携帯電話を持っている人は少なかったけれど、彼女は持っていた(でっかい携帯802!:笑)。Fも一緒だったら、また運転手かよ!と思いながらも、とりあえずK美の番号へ発信。すると「いまインクにいるけど、すぐに出るから」と・・・。インクの近くまでクルマを走らせると、彼女がひとりで立っていた。クルマに乗り込むとちょっと酒臭い息で「来てくれてありがと、最近ずっといないから嫌われちゃったと思ってた」と。「いや、僕がFといつも一緒じゃ悪いと思って・・・」と言うと「あの人シツコイからいやなんだ・・・もう会わない、私、香水やめたのよ」と。僕は???という顔をしていたのか、彼女は「だってFさんが、●さん私の匂いが嫌いだと言っていたから」と(汗)。確かに香水の匂いはしない、つい「ありがとう」とトンチンカンな返答。この日はそのまま彼女の自宅まで送り届けた。彼女は寄っていかない?とかいってくれたけど、遠慮してそのまま帰宅。それ以降、週に1度位、夕方になるとK美から電話がかかってくるようになった。

DSCF0017.jpg

逢ったらなにかが動いてしまいそうだと思っていたので、仕事にかこつけてお誘いを断っていたんだけど、それも長くは続かない。ひと月ぐらい我慢して誘いに乗ることにした。待ち合わせたのは青山のレストラン。普通に食事をしてから霞町のバーへ移動。カウンターに座って彼女はマスターにお任せで、僕は・・・もちろんノンアルコール!?。K美はほろ酔い気分で、妙にベタベタしてくる。「なんで避けてるの?」とか「私みたいなのはタイプじゃないの?」とか・・・返答に困る質問ばかり。「だって僕は奥さんいるから」と言っても、「いいじゃない、そんなこと」と言い放つ(苦笑)。それってなんでもアリのOKということか!
そのバーのカウンターで、突然「キスしたい」と抱きついてきた。酔っているから倒れたら大変だと思い、でもちょっとだけキス。店内大ヒンシュク(笑)。「相当酔っ払っちゃってるから、そろそろ帰るね」とマスターに言い残し店を出る。「私酔ってないよ」とまた顔を寄せてくる。クルマまで移動する間に、何度も立ち止まりキスをする。不覚にも固くなってしまった僕の愚息を察知したからか、彼女も下腹部を僕の愚息に擦り着けてくる。「ダメだよ」とお尻をポンと叩くと、「なんでお尻たたくの? なんでお尻叩くの?」と聞いてくるので「いいお尻だから」とつい答えると「もっと叩いて」と(汗)。ボディコンのお尻は叩きがいがある。でも、夜更けの街でお尻を叩いているなんて、ちょっとアブノーマルだ。でもその後、K美はちょっとどころではないアブノーマルだということを知った。

(女性の写真は他ウェブサイトからの借用です。申し出があればすぐに削除いたします)
スポンサーサイト
[PR]

2021/02/05

生きている足跡(笑)

去年、使っていたMacを新調したら、ここのパスワードが・・・相変わらずトロい(汗)
この前見知らぬフォルダを掃除していたら、ここのIDとPWが出てきた!
まったく管理能力のなさに自分でもビックリ・・・

コロナが減ったり増えたりを繰り返して、日常は去年と同じように田舎と都会を行き来している。
クルマは替わったりしていて、T子のクルマが以前より大きく背が高くなり、僕の車が白くなった(笑)仕事も彼女はテレワークが続き、時々しかオフィスには出て行かない。僕も同様で、田舎でのんびり。さすがに冬は寒く、換気をしながらでっかい石油ストーブを焚いている。灯油代は田舎の方が断然安いけれど、1回に18リッター近く入るタンクは、2日で空になる(汗)。

寝室は電気だけど、石油はあったかい。薪もいいかなと考えてみたけれど、煙突掃除が大変そうだし、薪も高い!(一束600円ぐらいする)だから、当分は石油ストーブで(笑)

T子は田舎では目立つ存在。彼女の新しい車に乗って買い出しに出ると、サービスがいい(笑)ガソリンスタンドも超親切だし、交渉ごとはT子に任せるに限る!ただ、都内ナンバーだと白い目で見られることもあったので、役場で<ナンバーは違っても、こっちに住んでます>という表示をもらってクルマに着けている。

ss01.png

昼のT子は、従順でとってもよくできた奥様風。もちろん海外出張はなくなったけれど、仕事はバリバリこなしている。夜の顔は、いつも新鮮に淫ら。寒いし、外で過ごすこともないので、家の中・・・下着・・・裸族・・・結合・・・という循環が繰り返されている。僕がもう歳だけど、それを口や態度で優しく奮い立たせてくれる。彼女の下着は、どんな時でもちゃんとしてる。それだけはものすごく感心することだ。こんな山の中なのに・・・Amazon?それとも都内に出た時に買い出ししているのか?とっても嬉しいことだ。

最近69で僕の愚息を成長させてから、そのまま愚息にヴァギナを擦り付けるのがお気に入りのようだ。だんだん激しく擦りつけ、そのままいってしまう。腰を前後に動かして声をあげているのを後ろから見ているのは、とてもエロティック。それに濡れやすいT子のヴァギナはヌルヌルで吸い付くよう感覚。本当に気持ちがいい。思わずこっちも声が出てしまう。

ss02.png

と、相変わらずな生活を送っています。
でも気になることもひとつ(T子のことではないけれど)ちょっと離れた家に、昔の知り合いに似た人が住んでいるようで・・・その彼女とは一時いい関係だったので・・・当時僕は妻帯者だったので、今で言えば不倫関係?今ではとても素敵に歳を重ねた女性になっているようにお見受けしたけれど、ちょっと気になる。彼女との昔話は、また機会があったら書いてみよう。ということで、老人はまだ生きております!
2020/07/07

山と水を見ながら・・・

ちょっと油断していたら、もう7月になっていた、しかも今日は七夕(笑)。

最近もコロナ禍を冷静に見ています。焦っても仕方ないけれど、人にうつしたくない、うつされるのはもっとイヤ、ということで浮かれて遊び回るということはない。外食もほぼゼロだし、ラブホなんて全然行かない(笑)。週末婚ではなく、ほぼずっとT子と一緒に生活しています!



うちの事務所も、持続化給付金というものを頂戴し、なんかのんびりモードに入っている。そこで、ボロボロの山小屋(水辺小屋?)を再生をしようと思い立つ。とはいえ、5月の連休までは山小屋界隈には他都道府県から来てくれるな、という県知事さんの発言で自粛。6月に入ってから、大工道具を車に積んで週末になると、2人でにわか大工になっている(笑)。

IMG_3774.jpg

最近は、移動がかなり自由になっているものの、それでも地元のスーパーでは白い目で見られることもある。自家用車が一番安全なんだけどね。山小屋に置いてあったクルマのタイヤとか、部品をヤフオクに出したら、いい値段で売れてちょっとニコニコ気分。つい使っていない30年ぐらい前のオーディオ機器も出してみると、想像以上の金額で落札される!たまには断捨離オークションもいいんだけど・・・一番喜んでいるのは彼女だ(笑)。

IMG_3778.jpg

山小屋は近所に家もないこともあって、開放的な裸生活も送れるけれど、不審者や熊とか、怖いこともあるので、あまり派手なことは厳禁。家の中だけで楽しもうと思っている。最近は雨が多く、山も見えないこともあるし、昼間は大工、夜はシェフ(交代制)、深夜は仲良く暮らしています。特に街で仕事がない時は、ずっとここにいることもある。彼女の会社もまだテレワーク。本国がまだまだだけに、当分T子は羽を伸ばしているつもりだろう。こっちだと物価も安いし、野菜も新鮮、お肉もいい店がある。もう街に戻りたくなくなっちゃうね(笑)。

IMG_3789.jpg

しかし、夜の静けさは街とは比べものにならない・・・自然の音だけの世界は彼女を官能的にする。テレビも見ないし、音楽もない場所。風の音、雨の音、動物の鳴き声、鳥の声・・・それからT子の喘ぎ声(笑)。彼女も野生にかえるのかな?でも心の底から、早くCOVID-19が霧散してくれることを願っています!
2020/04/14

生存報告

ほったらかしているうちに、世の中は大変なことになってます(汗)。
実際、いまはテレワーク体制にずっぽりです。

IMG_2520.jpg

今年の2月後半、いま大変なことになっている国2つに出張で行っていた。3月はじめにバラハスからの日本直行便がなくなり、EU国内線でシャルル・ド・ゴールに飛び、そこから日本に・・・。
日本に到着して、規制前だったので空港から自分の車に乗って自宅へ直行。強制自主隔離。イタリアやスペインの惨状を目の当たりにて、フランスの徹底した対応を見ていると、とても怖くて人前に出ることはできないという気分。もちろん<僕が人にうつしてしまう>という恐怖だ。あらかじめ連絡しておいたT子に食材や日用品の調達毎日のように買い出ししてもらったり、食事を作って運んでもらい、うちの玄関に置いて帰ってもらうという生活。最初の2週間は、ベランダから拝む日々。しかし、彼女の献身的な行動に助けてもらった。

IMG_2510.jpg
人の消えた広場(普段はうじゃうじゃいるのに・・・

IMG_2827.jpg
シャルル・ド・ゴールも無人・・・

IMG_2820.jpg
羽田も無人・・・

2週間が過ぎたころ、T子の会社も完全なテレワークに。それは今も続いている。
自己隔離を終え、テレワークになった彼女を部屋に招き入れると、とても大変なことになった。僕も我慢していたが、僕よりずっと若いT子もめちゃくちゃ我慢していたのだろう。最初の夜は寝かせてもらえなかった(汗)。

解禁2日目、彼女は大きなスーツケースを持って現れた。「こんな時に出張?」と訊ねると「ちがう、簡易引越」と・・・。スーツケースの中には、着替えや仕事の書類、食材やムニャムニャなものまで、。それが3月の半ば。それ以来、不要不急の外出は控え、外出しても、食材の買い出し程度。地方の農園から野菜を送ってもらうので、買い物は、肉と魚だけだ。(T子にお任せ)

外出はクルマだけにして、行き先は買い物以外は、彼女の部屋(笑)。2つの部屋を時々いったりきたりで、マンネリを回避。というか、もう1ヶ月近く一緒に住んでいる!
仕事時間は、T子はきっちりした格好をして、自分のノートパソコンの前でバリバリの仕事っぷり・・・あまり見ることのない表情に惚れ直す(ノロケ)。僕はウロウロテキトーな仕事なので、彼女がテレビ会議とかやっている時に、背後を通過しなように・・・。でも、T子も上半身はバリっとしているけれど、下半身は裸だったり、パンツ一丁だったりする(笑)。それもなかなか色っぽい!

IMG_2845.jpg

2人で、本当に毎日濃厚接触・・・それ以上の生活を送っているんだけど、食事に行く楽しみがスポイルされているのが辛い。とにかく早く、コロナという邪悪な空気が流れ去ってくれることを心の底から願っている。(早く収束してくれないと、T子に吸い尽くされる!)
2020/02/05

目隠し拘束体験

とてつもない寒さは、今シーズンはなかなかない。
都会に住んでいるものの、クルマにはスタッドレスタイヤは履いている。しかしまったく出番はなく、天気の悪い時にT子と富士五湖へ行った時ぐらいしか活躍の場はなかった・・・。僕のクルマ用に、新しいホイールと夏タイヤを購入したものの、やっぱり二の足を踏んでしまい、たぶん3月末ぐらいまではスタッドレスのままだ(苦笑)。

最近は落ち着いた日々を過ごしているが、することはちゃんとしている(笑)。
週末は必ず一緒にいるのだが、平日でも食事にはよく行く。最近ふと気づいたんだけど、僕らがよく行く店は、ほとんどカウンターで食べている。もちろんテーブル席もある場所でも、カウンターに座り、シェフや大将と話をしながら、というのが多いからだ。フレンチで、カウンターのない店が一軒あったか・・・。
この前、そのフレンチに行った後、面白いことがあった。



ちょっとワインを飲み過ぎたT子だったけれど、それはどこでも一緒で、お酒を飲めば飲むほどに、後で淫らになるのが嬉しいところでもある。その夜も、ワインを片手に、足を絡めたりしながら、ベッドを想像させるような行動?をしていた。

僕の部屋に戻ると、玄関にのドアを締めるとすぐにキスの嵐。そこからベッドルームへ服を脱ぎながら歩いていき、ベッドにたどり着いた時には、ランジェリーのみという嬉しい姿(笑)。バスタイムは後回しにして、僕の服を脱がして愚息にフェラチオ。それから自分の下着も脱ぎ捨てて、僕の上に跨がり大きな声を上げ、一気に絶頂まで昇り詰めてしまった。「ほしかったの」と・・・。
それから僕の愚息を再び咥え、僕がイクまで丁寧なフェラを続ける。乳首を僕の足にこすりつけ、気持ちよさそうな声を出していた。僕が我慢できなくなり「いっちゃうよ」と伝えると、咥えたままで頷いたので、遠慮なくそのままT子の口内へ精を放出した。それから一緒にバスタイム。

IMG_5274.jpg

バスルームから出て、ローブを羽織ったT子は、冷蔵庫から発泡水(フェラレッレ! エロい名前だ!)を取り出して、美味しそうに飲み干した。それからベッドに戻ってくると、突然バスローブの紐で、僕の両手を縛った!イタズラな笑いを浮かべ、サイドテーブルから目隠しを取り出して、僕の視界を奪った。「一度ね、やってみたかったの」と・・・!

それから、僕の胸を舐め、身体中を舐め、まるで僕がいつもやっているような愛撫をしてくる。何もせずに夢見心地(笑)。目隠しをされていると、感覚が尖ってしまうこともしっかりわかった!散々愛撫され、フェラチオをされ、顔にヴァギナを押しつけられ、顔中がベチャベチャになるまで、T子の暴走は続いた。

kiss076.png

それからT子は僕の両手を縛っていた柔らかい紐をほどいた。「ねぇ、目隠しとって・・・」と言うので目隠しをとると、T子は四つんばいになっていた。「おねがいちょうだい」と言いながら背中を弓のようにしならせて、お尻を僕の方へと向けてくる。「どっちがいいの?」と意地悪な質問をすると「襲って、前で襲って中にちょうだい」と。そう、この場でゴムを着けていたらしらけてしまうし、許可がおりているなら、遠慮なく!

一度爆発している愚息だったが、目隠し愛撫のお陰で、一気に頂点方向へ・・・その時には、T子は狂ったように「もうだめ、もうだめ、ちょうだいちょうだい」と。彼女はシーツに潮をまき散らしながら、僕と同時に絶頂を迎え、そのまま崩れ落ちた。うつ伏せになったT子から身体を離すと、薄れた意識の中、いつものように、愚息を咥え、きれいに吸い取ってくれた。そのまま朝まで抱き合って眠りに落ちた。なんとも幸せな夜、