2019/05/09

またしても不思議なもの・・・

この大型連休、皆さんはいかにお過ごしでしたか?
当方は、ずっとT子と二人で、毎日のように食べ歩きをして、揃って太ってしまいました(汗)。とはいえども、脂肪ののった女性は大好物なのですが(笑)。

僕の部屋、秘密部屋、T子の部屋、10日間の中で、旅行気分で色々場所を変えておりました。
T子の部屋には、2日間ほど滞在しましたが、今回は、その時に不思議なものを発見してしまったご報告です。

それが、下のプラスチック製の・・・
大きさの対比のために、そこにあった彼女の下着を置いてみました。



これは、肩こり解消のためのマッサージツールだとは思うのですが、T子は肩こりがひどいとは僕に言いません。以前発見したDADANという電動マッサージャーも・・・謎なものでしたが(苦笑)

よくよく見ると、取っ手は滑り止めのために、イボイボ(汗)。先端は、ちょうど肩を押すために具合のいい曲がりかた(汗)。ほんとか?・・・・

IMG_0751.jpg
IMG_0750.jpg

なんか、違うことに使用できるような・・・妄想をふくらましてしまいます。
イボイボにゴムを付ければ・・・先端はGスポットに当てやすそう・・・
まだ、T子には意地悪な質問をしてはいませんが、質問する前に、使ってしまうというのもいいか!

しかし、毎週金曜から月曜の朝まで一緒にベタベタして、連休はずっと一緒・・・
セルフでおこなうことって、あるのかな? これもT子の不思議ですね(笑)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2019/03/28

声のない悶え

T子のお気に入りでもある、秘密の部屋。そこはワンルームマンションで、両サイドには若い男性が住んでいる。しかし、そこで求め合うことがT子は好きだ。

t03272.jpg

この前、二人の行為が何故かiPhoneのボイスメモに・・・! これは彼女のイタズラ?!
聴いてみると、T子がフェラをしているあたりからのもの・・・彼女はフェラチオをしている時、僕の太ももに、乳首を擦り付けて、自分で身悶えている。乳首を愚息に擦り付けるのも好きだ。巨乳ではないので、所謂パイズリ(乳房で愚息を挟み込む)などは出来ないのだが、それに近いことは好んでやってくれる。

音声は、そのあたりから、フェラをやめ、僕に跨がり腰を動かして、潮を吹きながら昇りつめ、その後にまたフェラをしてくれるという、マンネリな一連の流れをアップしてみます。
余りに長かったので、かなり音声をはしょって編集してます(笑)。

下のボタンをクリックすると、音声が流れてしまいますので、
ヘッドホンで聴くなど、取扱い注意でお聴きください!






2019/03/22

風呂の日々

旅行が大好きなT子と僕だが、最近は古い街にばかり行っていたので、ちょっとリフレッシュして温泉へいってきた。木曜の夜から彼女は僕の部屋に荷物を持って・・・ちょっと早いんじゃない?って・・・で、金曜は出社して、また僕の部屋へ帰ってきた。それから旅行へ持っていくものを近所のスーパーへ買い出しに。ここからもう旅は始まっていたようだ。

土曜日は寝坊して(金曜の夜もお約束通りのバカップル炸裂)、クルマに乗って目的地方向へ。途中、鰻を食べる。いつもお邪魔する店は、いつも安心して美味い!

宿に到着して、部屋に入ると、目の前に大きな素敵な景色があった。
T子は、景色を眺めながらすぐに部屋の風呂に飛び込む。その光景を眺めていたら「はやくきてよー」とお誘いが(笑)。それからまったり温泉につかり、気分良く夕方まで。。。

IMG_0425.jpg



風呂の中は、イチャイチャモードで風呂の縁に座っていた僕の愚息を一人前にして?、それからお尻を僕に向けてくる。バックからの挿入リクエスト。大きな声を出すことも出来ないので、部屋に戻って、ベッドでT子に触れ続ける。胸の横、背中、首筋、つま先、直接的な部分ではないところをワサワサと触れているだけで、彼女の理性は飛んでしまうようだ。実際、キスをしているだけで大洪水になってしまう感じやすさだし・・・
部屋から持ってきた赤いロープと、疑似3Pの黒いコックをベッドの上に出すと、それを見て身もだえするT子がかわいい。簡単に胸を縛ると、それだけで喘ぎ声をあげ、夢中になって愚息を咥え、どんどん高ぶっていく。

IMG_0441.jpg

IMG_0439.jpg

T子を横にして、胸に触れていると、それでけで頂点に達してしまう。歳を重ねるごとに、より敏感になっていく彼女ではあるが、僕にとっては最高に嬉しい瞬間でもある。クリトリスに触れていると「お願い、奥も触って、奥もして」と、うわごとのように懇願するので、バスタオルをベッドに敷いて、T子のヴァギナに二本の指を差し入れる。
「馬鹿になっちゃう、もう馬鹿になっちゃう、ダメ、ダメ、出ちゃう」と叫びながら、潮を吹きながら頂点へ。そのまま指を入れて動かさずにいると、T子が自分で腰を動かしはじめ、「やだやだ、またいっちゃう」と叫び、連続での潮吹きと絶頂へと上り詰める。

IMG_0435.jpg

IMG_0436.jpg

自分ばかり昇り詰めた後ろめたさか、それからは、フェラチオのお返し。69スタイルになり、疑似3P的な官能的な動きを目の前で見せてくれ、それでまたいってしまう。。。最後はゴムを愚息に装着してから、僕の上に乗って大きく腰を振り、僕の絶頂と同時に、潮を吹きながら意識不明に・・・。しかし、本能的に?ほぼ無意識でも、僕の愚息からゴムをとり、再び咥えて、綺麗にすべてを吸い取ってくれる。これは嬉しい限りだ。

一戦を終え、少しまどろんでから、また風呂に入り、着替えて夕食へ。
結局二日間の逗留で、何回お風呂に入り、何回身体を交わらせたのだろうか・・・前も、後ろも、口も・・・(汗)。
で、今週は何事もないような顔をして仕事に集中し、また金曜日がやってきた。T子はいま僕の部屋の風呂に入っている(苦笑)

IMG_0444.jpg

2019/03/11

SEXPAD

またまた大変ブログご無沙汰状況でした・・・。
いつも同じようなことばかり書いていたら、いい歳こいてワンパタンだな、と思ってしまい、つい書き込みが出来なくなってしまったのです(嘘です。ちょっと面白いことに夢中になっていたからです:笑)

相変わらずのT子との生活。最近は週に1度ではなく、週の半分以上は一緒にいることが多くなっています。独身同士の恋愛関係ですが、プライベートの友人たちにも、パートナーとして認知されているので、ま、事実婚ということですね。

年に数回の旅行も欠かさず、週に数回の外食も相変わらず。とてもエンゲル係数は高くなってしまうのですが、やはり食とSEXはリンクしているので、いい夜のためには、美味しい食事が一番です(笑)。

最近夢中になって遊んでいたこと、それは古民家のリノベーション。歴史のある街に、大学時代の友人が家を買い、そこを面白い空間とするために、去年の9月ぐらいから、毎週土日に通っていたのです。友人夫婦とその子ども(社会人)と、僕とT子。それぞれの役割分担をしながら、コツコツと手作り。難しい部分は、友人の棟梁に頼み、最大限自分達だけでの手作り家屋。
ということで、毎週末はホテル住まい。夜は古い街の、地元の店を巡って・・・これまたエンゲル係数が髙い生活に(汗)。

20190218.jpg
  (この写真はリノベーションしてる家ではありません)

今週は、久しぶりに地元に戻って過ごしていた。土曜は自宅でT子が食事を作ってくれたけれど、日曜(昨夜)は繁華街に肉を食べに出かけた。肉食なロートルバカップルだから。肉を食べ、美味しい酒を飲むと、T子は本当に肉食に変身する(笑)。

IMG_0405.jpeg
IMG_0406.jpeg

自宅に戻ってから、僕の淹れた珈琲を飲みながらチョコを食べる。彼女はチョコが好きで、ヴァレンタインの時も、僕のためではなく、自分のためにチョコを大量に買う。その時期は、色々なところでチョコが売られているから、試食をして買うを繰り返し、うちの冷蔵庫にはチョコがいっぱい(苦笑)。ただ、チョコを食べると、トロンとしてくるのが不思議なところだ。僕の上に乗ってチョコを食べ、その口でキスをする・・・。

IMxG_9834.jpeg
IxMG_0408.jpeg

ヴァレンタインの御礼は、もう渡している。それはT子からのリクエストで<SIXPAD>。ソファの上で、下着姿になり、お腹にSIXPADを貼り、スイッチを入れる。10回ぐらいのクリックで、かなりの時間マシンは動き続けるのだが、昨夜は、そのままキスをして、ブラを外して胸にもキスをしていたら、想像以上に感じてしまったらしく、下着に手を入れると、ヴァギナはもう大洪水。微かにクリに触れただけで、あっという間にイッてしまった。「おねがい、きて」といわれたので、愚息をT子のヴァギナに挿入すると、SIXPADの振動に合わせて、あそこがビクンビクンと収縮する。すごい感覚。これにはまいった。昨日は、中でOKのお許しが出ていたので、一緒に頂上へと登ることができた。本当に癖になってしまいそう。SIXPADではなく、これはSEXPADだ!

IMxG_0410.jpeg

それから、自分のヴァギナから滑り出た僕の愚息を丁寧に舐めあげてくれる、いつもの儀式。それをずっと続けて、復活させるのが、T子の楽しみのようだ。それから一緒に風呂に入り、ベッドへ。こんどは69スタイルで、僕の顔に秘密の泉を押しつけてくる。もちろん素敵な舌づかいと吸いこみで、僕の愚息を刺激し、僕も彼女の泉を同じように愛でる。

20190310-1.jpg

T子はガクガクと何度かの頂点に達し、それから僕の愚息を自分のヴァギナに自分でいれる。昨日は背面騎乗位。お尻を僕の方に向け、大きくグラインド。自分で動くことで、いい場所に愚息を当て、そのまま大きな頂点に達し、潮を吹きながら後ろへと倒れ込む。「ごめんね、がまんできなかったの」と誤りながら、僕の愚息を口に含み、一心不乱にフェラの奉仕。僕が達することを伝えても、口をはなさず、一滴残らず飲み込んでから、眠りへとおちた。

来週は、古い街ではなく、温泉に行く予定にしている。T子は「温泉には縄を持っていこうね」と、緊縛のリクエスト。ちょっと嬉しい週のはじめです(笑)。
2018/11/21

3Pのような興奮

このところ、ブログを真面目に書いている(真面目というのは、放置しないという意味で、内容は極めて不真面目・不謹慎だが:汗)。でも、あまり色っぽいという訳でもなく、だらだらと日常生活を綴っているだけだ。だから、という訳ではないけれど、今回はちょっとエロティックなことを書いてみようかと思う。

前回は、ドーピングのことを書いてみたけれど、この夏あたりから、自分に自信がなくなってきていた。年齢的には仕方ないことだとは思うのだが、やっぱり淋しく感じてしまう「ちっぽけな男のプライド」がそこにはある。

T子と僕のラブタイムは、前戯から眠りに落ちるまでが、たぶん2時間ほど。もちろんずっと繋がっている訳ではない。で、今年に入ってから、体位を変わる時や、ゴムを付けるタイミングで、時々中折れ現象が・・・(涙)。彼女は何も気にしていないようで、そんな時にはネットリとフェラで元気にしてくれる。とても嬉しいけれど、ちっぽけなプライドが(苦笑)。

そこで、男性自身をサポートしてくれる補助具を探して購入してみた。それがこの写真の、ボス・エレクトスリーブというペニスサック。ところがLサイズという割に、窮屈で、ギンギンになっている時以外は中に入れないし、入ったとしても、愚息が圧力で追い出されてしまう(汗)。ぐにゃりとしている愚息のサポートは絶対してもらえない。まいったな、という商品でした。ま、安いからいいかと思って放っておいた(笑)。

IMG_9824.jpg
<小ぶりな疑似ペニス、ボス・エレクトスリーブ>


次に購入したのが、こんどは真面目?な、ジェクスが出している、Dr.Gマッスルリングという商品。これは装着簡単で効果抜群(笑)。愚息の根本に柔らかいリングを広げて装着するだけ。すると、愚息が膨張した状態を維持して、かなり長期戦に対応できるのが嬉しいし、リングの突起がT子のクリを直撃するらしく、騎乗位では乱れまくってしまう。ゴムを装着してからリングをつければ、最後まで彼女の中に入っていることが出来るのがいい!

IMG_9825.jpg
<透明で綺麗、女性受けもいい、Dr.Gマッスルリング>


最近は、マッスルリングと、QPドーピングで何の不自由もなく、充実していたのだが、やっぱり気になるのが、あのグロテスクで小ぶりなエレクトスリーブ(笑)。

ある日、僕の顔の上にT子が跨がり、彼女が大好きな69スタイルになったとき、ベッドサイドに置いておいたエレクトスリーブの先端を、目の前のヴァギナにあててみた。指サックのように、僕の中指と薬指(T子の大好きな2本だ)を入れ、ある程度の固さは確保した上だ。するとどうだろう、クリを僕に舐められながら、彼女は僕の愚息を咥えたままで、腰を後ろに押してきた!

IMG_5364.jpg
<T子の大好きな69スタイル>

僕の鼻の上にエレクトスリーブはあり、目前でT子のヴァギナが、疑似ペニスを飲み込もうとしている。それはそれは、いやらしい絵。最初は押す程度だったが、徐々に上下に腰を動かしながら、器用に自分のヴァギナの中へと吸い込んでいく。それが目の前で展開するのだからたまらない。僕の興奮度合いもマックスへと向かう。疑似ペニスを根本まで咥え込んだヴァギナ、前後に腰を動かし、出し入れをしている。「んんんん〜」と声を漏らしながら、口で僕の愚息を、ヴァギナは疑似ペニスに貫かれている。僕は手を意識的に動かさないで固定していたので、疑似ペニスは、T子の意志でグチュ、ジュボっという音と共に出し入れをしている。この3P的なSEXは、T子のお気に入りになってしまった。フェラをしながら僕の顔に潮を吹き、そのままイッてしまう。恥ずかしさからか、その後の普通のSEXも、とても積極的になり、何度もイッてしまう。

買ってみたものの、使い物にならないと思っていたグッズが、突然主役に(苦笑)。僕にしてみれば、目の前で他の男がT子をバックから貫いて、なおかつ彼女が自ら腰を動かして、何度もイッているのを見せつけられているようで「嫉妬しちゃうよ」と彼女に言うと、「ダメ、一人じゃないとだめ、Aじゃないとダメ」と。。。僕としては<複数プレイもしてみたい>なんて言ってくれることを期待していたのだが(苦笑)。先は長い。

しかし、本当にこんなにいやらしい状況、なかなかないです。ほんと!