--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/02/14

日常

またもや長いながい音信不通でしたが、ちょっと復活(笑)
相変わらずな生活は続いております。
年末年始は、馴染みの宿で眺めの良い部屋で過ごしていました。
その宿は、年に4回ほどお世話になっていて、いつでも素敵なもてなしをしてくれる。



新年を迎えた夜のデザートは、ちょっとしたデコレーション。
運んできたシェフは、笑顔で「バラの花はT子さんのイメージです」と。彼女は喜んでバリバリ食べてました(笑)

ちょっと長めの年末年始の休みが明けてから、二人ともかなり忙しい日々を過ごしていた。僕よりもT子の方が忙しかったようだけど、週に2度ほどは僕の部屋にやってきていた。

IMG_6583.jpg

彼女が僕の部屋に来ているとき、ベッドやソファでいちゃつくタイミングは、かなり明快。それはT子がアクセサリーとか時計を外すことが合図になるからだ。ピアスを外し、時計をとると、「お風呂入れてくる?」と訊いてくる。それから彼女がバスルームに行きお湯を出して部屋に戻ると、その時がスタート。(お風呂に入るから)裸になるのだけれど、そこでT子はエロティックな顔を見せてくれる。
キスをして、服を脱ぎ、キスをして、身体に触れる。乳首を舌で転がし、背中をなぞるだけで、T子のヴァギナはトロトロになってしまう。感じやすい、と一言でいってしまえばそれまでだが、そこに二人の歴史がある(なんてね:笑)。バスタブからお湯が溢れる音が聞こえてくる頃には、T子も溢れて、一度はいってしまう。

お風呂の中では、お互いを洗い合い、かなりの長風呂(笑)。あんなことやこんなことまで・・・
僕の部屋の風呂には窓があるので、ブラインドは閉めているものの、なんとなく外から見られているような気もして、それも興奮材料になっている。バスルームの明かりを消してブラインドを開けるのも、最近の楽しみ。ちょっとした露天風呂・・・露出気分(笑)。

ラブホテルでは大声を出すT子だが、自分たちの部屋では少し自重しているようだけど、それでもかなりの声量。我慢しているからか、僕の背中の傷は、ラブホテルより、自宅の方が深くなる(汗)。それでもベッドの中で、ちゃんと何回かいってしまうところが彼女の素敵なところだ(ノロケ)。

僕がいってしまうと、口できれいにしてからT子は眠りにつく。
もう何をしても数時間は起きることはない。だから時々いたずらをしたくなる。この前は、清涼飲料に貼ってあったシールを、T子のお尻に・・・。翌朝、もう一度抱き合って、何度もいって、僕の背中に爪痕を残し、その後シャワーを浴びる時まで気付くことはなかった(笑)。と、またアホなことを書いてしまった。見逃してください!

IMG_6584.jpg
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
2016/12/02

J'suis snob

海風さんへの返信で、つい自分の周囲語をつかってしまい、ちょいと後悔したが、本来の意味とは違う勝手な意味合いが含んでいることをご理解いただきたい(笑)。
スノッブという言葉から俗とか他人を見下すとか・・・色々考えられるとは思うが、今の自分の存在を否定して、他への跳躍を考える奴、という意味と、サイテー!という褒め言葉(苦笑)として使ってました。

突然音楽に移行するが、J'suis snobという曲をはじめて聴いたのは、たぶん小学校の頃。親父が蓄音機でシャリシャリ音と一緒に流していたBoris Vianの曲だ。シャンソンというジャンルなのかも知れないが、親父は詩人としてのBoris Vianが好きだったようだ。
僕も成人してから自分でレコードを買って聴きまくった。

t02100265_0210026513401957910.png

それから大分時が流れて、Blues TrottoirというフランスのユニットがJ'suis snobをカヴァーした。
ちょっとロリータチックな声と、サックスが妙な色気を出していたのが印象的だった。クルマの中にCDを常駐させ、Blues Trottoirも聴きまくった。ちょっとオシャレな女性にはかなり好評だった。いまでも時々部屋で聴いている。
CD1曲目のCostardという曲は、年の離れた男性に恋をした女性の歌。歌詞の意味も僕に味方してくれたっけ(笑)。

Unknown.jpeg

J'suis snobの歌詞は、最低で、まさに自分に向けられているんだなって錯覚してた(苦笑)
今夜は、Boris Vianを聴きながら寝ることにしよう。
2016/12/01

コンドームの話

コンドームには、避妊以外の効果もある。
色彩であったり、継続時間であったり、装着感覚・挿入感覚であったり、色々だ。

T子は黒いGOKUATSUというコンドームがお気に入りだったが、時々違うものを購入する。
夏過ぎに、そこそこの厚みがあり、DOTがついたものを発見し、購入した。

最初は何食わぬ顔で新しいコンドームを着けてSEXを楽しんだ。こんなDOTなんて、効果ないだろうと思っていたのだが、T子の様子がいつもと違う。僕を味わうようにゆっくり腰をグラインドさせるのはいつものことだが、途中から声が変化した。背中に浮かぶ汗の量も違う。
そのままフィニッシュして、いつものようにゴムを外して僕を口に含んだところで、コンドームの違いに気付いた。
「あ、このざらざらしたの何?」と訊くので、「なんかDOTがいっぱいついてるらしい」と答えると、興味津々に入り口を縛ったゴムをチェックしていた。
その日のうちに、もう1回そのコンドームを使ってみた。こんどは彼女が装着。僕に着けてから、指でなぞったり、そのままフェラしたり、さんざん観察してから挿入。ゆっくり動くと、耳元で「これ、、、キモチイイかも・・・」と。それ以来、T子のお気に入りになってしまった。

最近は、あまりホテルに行かないことが多くなってきた。寒くなったからか(苦笑)
だから、コンドームはしっかり自分で用意しなければいけない。

この前、在庫がなくなったとき、T子に買い物に行かせた。「コンドーム買ってきて、T子のすきなのでいいよ」と。彼女は自分でコンドームを買ったことなどないと言って嫌がったが、「それなら今夜は食事だけだね」と言うと、「いじわる」と言って近くのドラッグストアへと向かった。コンドームだけ買えばいいのに、トイレットペーパーやキッチンタオル、色々一緒に買い込んできた(笑)。

彼女が買ってきたのは、0.09のDOTだった(笑)
本当はGOKUATSUも買いたかったらしいけど、一度に2つは無理だった、と。
「黒いのにDOTがついてたらいいのに」、これがT子の本音、理想のようだ(笑)

2016/11/27

乳首を噛む

久しぶりにここに来ました(笑)
相変わらずの生活パターンを送ってます。

夏の旅行以来、ここでの写真公開は控え、投稿も控えていました。
醜いバカップルに嫌悪感を抱かれる方もいらっしゃるようなので、暫し、クールダウンでした。
たぶん、その方のチェックも、忘却の彼方へ流れ去っているのではないか、と、文章だけは書いてみようかと再起動しました(笑)。

T子もますます元気で、毎週毎週、熱い週末を過ごしています。
ここ数ヶ月、T子はピラティスに通って身体を整えています。女性の努力には本当に頭が下がります。僕はといえば、毎日自転車で走ったり、徒歩で徘徊したり、出来るだけ自分の足腰を鍛えようと努力はしていますが・・・効果の程は謎です(苦笑)。

さっきまでT子とうちで食事をしていたのですが(トルコ料理ということだった)、さっき雨の中を送り届けてきた。
3年もののヴォジョレーヌーヴォー(なんじゃ?!)を飲んで気持よくなってしまっていたので、徒歩です(笑)。

金曜日の晩、ベッドの中で、彼女が僕の乳首を強くつねるので「痛いよ」と制止しようとすると、「わたしにもして」と。
T子の乳首をつねると、痛がるけれど、甘い声も出す。「痛くしたら、なめてやさしくして」とリクエスト。リクエスト通りにすると、彼女はトロトロになってしまった。いままで色々なことをしてきたけれど、乳首責めはなぜかしたことがなかったので、目の前の彼女にちょっと新鮮な驚きを感じた。

乳首をつねり、舐めていると「噛んで」と甘い声でささやく。
あまり強くは噛まなかったけれど、どんどん崩れていくT子。噛む力をだんだん強くしていくと、声のトーンも高くなっていく。
ヴァギナに触れながら噛み続けると、あっけなくイッてしまった。それも大量の噴水と共に・・・(汗)

一昨日は、一度イッてしまった僕を、再度フェラで奮い立たせてくれたり、いつもより濃厚な夜になった。
それからさっきまで、ダラダラとまったり過ごしていた訳だ(笑)

本当に進化進歩しないバカップル(苦笑)
でも、いいよね!
2016/08/28

夏休み

台風と一緒に(笑)休暇をすごしてまいりまして・・・その後も休暇、明日から出張(汗)

結局、のんびりしたおやすみでした。食べまくりでした(笑)

来週の半ば過ぎに、ちゃんとご報告(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。